メニュー

人事労務

ユニオンとの交渉 事務局長から妥協案(DSS:トラブル)(2020.06.05更新)
電話で日程調整しようとしたところ事務局長から提案があった。担当直入「どの程度であれば支払っていただけますか?」この程度の案件に時間を割きたくないという雰囲気である。退職勧奨したので1ヶ月分の給与であれ… ▼続きを読む

ユニオンとの団体交渉、納得できことは妥協しない(DSS:トラブル)(2020.06.03更新)
二回目の交渉は、ユニオンの事務局長のみとなり拍子抜けした。こちらも私一人で対応。前回の交渉とは雰囲気が異なった。折り合う点を探そうとする様子が見られた。しかし、退職勧奨となった理由を明確に知ってもらわ… ▼続きを読む

新型コロナ感染症の労災補償の取り扱いについて(DSS:労務)(2020.05.04更新)
新型コロナ感染症に係る労災補償業務における留意点について厚労省労働基準局補償課長より都道府県労働菌部長へ4月28日付けで通知が出された。その中で国内の医療従事者等の具体的取り扱いついては以下のようにな… ▼続きを読む

就業規則の運用について(DSS:労務Q&A)(2020.05.04更新)
Q.就業規則を作成し運用を開始したい。社労士に依頼して基本案を作成していただいた。賃金規定や有給の運用について下記の点が気になるが問題となる点はないか?  ・各手当の金額と支給対象者(職種ごとに細か… ▼続きを読む

新型コロナに関する雇用調整助成金申請について(DSS:労務)(2020.05.05更新)
新型コロナの影響により休診(休業)した場合のスタッフに対する雇用調整助成金申請に関して要件や書類、申請方法等についてまとめた資料 資料作成者紹介 熱海恭平(アツミキョウヘイ)。1980年生まれのフ… ▼続きを読む

患者減によるパートスタッフ勤務調整に関する休業補償について(DSS:人事労務)(2020.04.13更新)
東京ではどの医療機関も患者が減っている。内科は4~5割、小児科は5~6割、整形外科ではリハビリが5割程度。全体では2~4割減となっている。基本的にはそのまま勤務させてあげたいが、この状況が続くことが考… ▼続きを読む

新型コロナ感染リスクによるクリニックスタッフへの影響(DSS:人事労務)(2020.04.14更新)
新型コロナによる影響は、医療現場のスタッフへも大きな影響を与えている。医療技術者に関しては、ある程度の覚悟を持って対応しているケースがほとんどであるが、事務系のスタッフにおいては医療に関わっているとい… ▼続きを読む

出来るスタッフが困ったスタッフになることもある(DSS:労務)(2020.04.05更新)
仕事に対する責任感不足や能力やスキルアップに対して意欲のあまりないスタッフが 増えている。学校行事や旅行等に関しての有給取得等の要望などが明確であり、希望が自分の都合に合わなければ退職へ繋がるケース… ▼続きを読む

まとめ役割を担うスタッフが、新人の不満を利用、意見すべきとか、辞めた方がいいとそそのかす(DSS:労務)(2020.02.11更新)
一定期間勤務し、自分のペースで上手に長く勤務していきたいと考えるスタッフもいる。何時だけレガ止めても困らないようにスタッフを補充するケースもある。そういうケースで自分の立場を守るという感覚が先になって… ▼続きを読む

どこでも見かける自分のことしか考えられないスタッフ(DSS:労務)(2020.02.20更新)
面接で良いスタッフだと思って採用しても、また性格テスト等で評価し優れていても、実際に使ってみなければ、周りのスタッフと協調してやっていけるか、経験したという業務が、きちんとこなせるか等数ヶ月働いてみな… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME