メニュー

野球の季節がやってきた 2009年5月(DSS:ルート50)

[2009.05.03]

野球が好きだとは言え今年の「侍ジャパン」は凄かった。オリンピックとは全く異なったチームのまとまりと選手を見極める采配はお見事としか言いようのないものであった。しかし、ペナントレースがスタートするとその戦士たちは、完全復活し、チームに貢献しているとは言えない。チームはその穴を他の選手がカバーし日々の戦いを進めており、チームで戦う事の重要性を改めて教えられている。チームは監督の采配で負けることもあれば、選手のミスで負けることもあるがその日のいつ来るかわからない勝機を確実にものにしようと試合の流れを読みあいながら戦っていく。勝利に対する執念を持ち続けたほうに女神はほほ笑むことが多い。以前は結果で野球を見ていたが今は特にその試合の流れの中での勝負の分かれ目やそこでの采配を楽しむようになった。我々の仕事も同様であるが日頃の積み重ねといつ花開くのかそのチャンスを待ちながら仕事をしなければならない。仕掛けることも重要性や待つことの重要性など野球から学ぶことは非常に多い。

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME