メニュー

やっぱり甲子園だ 2009年8月(DSS:ルート50)

[2009.08.08]

さてのりさん日記にも書きましたが甲子園が始まりました。今日は特に常総学院と九国大付属高校の試合はいかに自分たちのペースに持ち込むかという監督同士の戦いのようでした。

九州出身の私は常総学院の木内監督の試合運びにこりゃ負けたと思いましたが、突然流れが変わって東北高校からきた(すみません名前忘れました)監督の選手の育て方とそのバッティングには以前の徳島の池田高校と蔦監督を思い出させました。私も秋の県大会で甲子園にでは柳ヶ浦高校に勝った経験がありますが(一生の思い出)勢いにのってしまうと勝つはずのない相手も勝てるのが高校野球です。

いつも見てると自分が試合をしているようになるのは経験者なら誰でもわかる心境だと思います。 日常の仕事にもこのような高校球児の心が必要と感じることがりますが、この時期いつもよりも増して感じさせられていますがなかなか実行できません。甲子園という大物はとにかく素晴らしいとしか表現しようのない、心を躍らせ夢を追わせる生き物だと思いますが、いくつになって夢を実現しようという心は甲子園のようでありたいと思いませんか。

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME