メニュー

リニューアル記事【クリニック院長が新型インフルエンザに感染】した場合の対応策(DSS:運営)

[2011.01.31]

【クリニック院長が新型インフルエンザに感染した場合の対応策】

 

新型インフルエンザが大流行しそうである。どんなに注意していても、罹患する確率を

0にすることはできない。もし院長が罹患した場合にはどのような対策をとればよいか

保健所のその方法について問い合わせてみた。

 

一般の患者さんと同様の対処方法と全く同じであるとのことである。

当然、罹患して熱が下がらない療養の期間中は当然診療を担当することはできない。

一定に期間中は休診とするしか方法ない。

しかし、罹患したからと言って患者さんに対して(感染していること公表するなど)

特別の対応もすることはないとのことである。

 

【ポイント】

・新型インフルエンザに罹患した場合は一般的な対処法と同様に療養、休診となる。

・患者さんに対しては原則として特別な対応することは必要ではない。

 

 

ブログカレンダー

2022年1月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

HOME

ブログカレンダー

2022年1月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME