メニュー

デイケア開設:パート2事業計画から軌道に乗るまで:開設時のポイント(DSS:介護)

[2009.05.04]

医療機関(クリニック)がデイケア事業を成功させる為に、開設前に必ず行わなければならないことがある。それはクリニックの既存職員に対する事業説明と協力体制である。デイケアはデイサービスと異なりクリニックでなければ開設できない。よってクリニックの医療従事者が積極的にデイケアにかかわることが重要な条件となる。従来からのスタッフが後方支援など業務負担が発生する可能性があるからだ。開設後スタッフより「今までの業務に加え、デイケアの業務も加わりより忙しくなったのに、給与は同じで積極的に協力したくない」とか「早くスタッフの補充をして業務を少なくして欲しい」等の不満が出てくることが多い。開設後1年程度は新設のデイケア収支は赤字の可能性が高いので賞与が減るなどのことがあれば不満だらけとなる。このスタッフ間の不満はクリニック内部のチームワークを崩すこととなりデイケアの運営やクリニックの診療に影響を及ぼし経営に支障をきたすこともあるので注意しなければならない。次回は事業計画のポイントについて掲載します。 

 


 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME