メニュー

雇用契約書で待遇を明確にし、収入を増やすための配慮を(DSS:労務)

[2020.04.13]

クリニックの場合、正職員のみで運営するケースは少ない。よって雇用契約書が重要となる。以前と違って個々の就業条件によって、雇用契約内容を変更するケースもあるのでそれに応じた契約書の準備も必要となる。近年、収入アップの望みダブルワークをしたいと思う人材が増えている。他での勤務やアルバイトなどについては許可をもって業務をしてもらうことが望ましい。待遇や仕事のしやすさ等比較するので退職へ繋がりやすいということも考えておかなければならない。パート採用時には月収がどの程度欲しいか、確認も必要になる。自分が求めている収入を稼ぐことが出来なければいずれ退職へ繋がる。最近は、収入を増やしたいと考えるケースが増えている。そう希望された場合、どう対処するのか決めていなければならない。希望を入れ勤務を増やし他のスタッフにしわ寄せがいくようでは、それはそれでスタッフ同士のトラブルや退職につながりやすくなる。定期的に勤務回数や収入に関する要望確認をするなど把握につとめ、受け入れられないような状況があれば、次の人材を探し始めるなど検討しなければならない。

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

HOME

ブログカレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME