メニュー

院長先生耳寄り情報【社会保険の組み合わせによって職員の待遇を考える】(DSS:運営)

[2010.09.23]

社会保険の組み合わせによる職員の待遇を考える

 

《解説》

職員を採用する上で以前に比べて社会保険に加入しているか

いないかで応募を辞退する例が増加している。

これも年金制度の問題によるところが大きい。

病院勤務している場合には基本的に社会保険に加入して

いたのでその部分についての関心はクリニックでは意外に低い。

個人経営のクリニックと医療法人経営のクリニックでは基本的に

法定福利費の負担額が変わる。

従業員にとっては社会保険に加入し、厚生年金である方が

年金を受け取る場合、国民年金よりも優位となる。

また、手取り給与では厚生年金の方が少なくなる。

よく医療法人になった時に手取り給与が減って職員から

どうにかして欲しいという苦情が出るケースもある。

また厚生年金は今後毎年一定の料率までアップしていく

事が決められており、その負担も経営する側にとっては

無視できない。

このようなことを踏まえて職員の待遇を考えていくことが

必要である。  

保険料た年金料率については平成21年3月現在の情報です。

すでに料率や制度が変更されている点もあるので

詳細については各機関に確認してください。 

 

 

 

  

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME