メニュー

開業6ヶ月患者が増えず職員を整理しなければならないが注意点は?(DSS:労務Q&A)

[2011.10.07]

【開業6ヶ月患者が増えず職員を整理しなければならないが注意点は?】

クリニックの経営はこの10年年々競争が厳しく経営環境も都心部では悪くなるばかりです。業者任せの開業や夢を追いすぎてお金をかけ過ぎた場合に患者が思うように伸びない場合には、患者が多く来院することを前提として雇用した職員を整理しなければならないことがある。そのような場合の対応について考えてみた。

O,今年の3月に開業、震災の影響もあって思うほど患者数が伸びない。職員も事務が2.5人、看護師2.5人いるが現状の患者数では当分事務員1.5人、看護師1人で十分である。特に看護師2人と事務員1人に関しては以前の病院から一緒に働きたいということで連れてきた。その手前辞めてもらうには辛いが経営が成り立たなければ閉院もありえるので現状必要な人数以外は退職したもらいたいと考えている。どのようなことに注意したらよいだろうか?

A、医療機関の経営は年々厳しくなっている。その反面開業業者もより以上に多くなり、任せ過ぎて失敗する例も多い。今回のようなケースも例外ではない。当然、閉院より診療所経営を継続しなければならないのでここはやはり退職していただくしかない。文句もでるだろうが患者数の状況をみれば当然ある程度理解していると予測される。

よって強引に解雇という方法をとるのでなく、事情を話し、退職してもらえないかという退職勧奨が望ましい。また以後のトラブルを極力避けるために他の医療機関に紹介することも考えることが必要である。このように誠実に対応して退職勧奨で辞めていただくことが良い方法ではないだろうか?解雇する場合には30日分ではなくできればプラスαして職員に誠意を見せることも方法である。

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME