メニュー

新型コロナによる収入減になったクリニックの夏季賞与について(DSS:運営)

[2020.06.28]

7月は夏季賞与の時期である。開業して5年以上経過するとある程度(年間2ヶ月~3.5ヶ月)で大きな査定もなく支給しているクリニックが多い。支給対象期間は12月から5月、今回のコロナの影響は4.5月の2ヶ月となる。内科系ではインフルエンザや花粉症の流行もある程度に限られていたため総じて収入の減少は例年に比べ6ヶ月で20%とから30%前後影響が出ている。当然所得も減少、これからも患者回復が単純に見込まれない中賞与査定が始まった。

提案としては、例年の10%から15%減の提案を行った。10カ所のうち7割は、コロナの影響、感染リスクがある中で休まず業務を行ったということで例年並みに支給することになった。査定したケースは、スタッフがより以上に意識して休みを望んだケースや患者への感染リスクを意識しすぎた対応等によるものであった。もちろん収入は20%以上の減少が見られた施設である。院長によってその対応も様々である。しかし、コロナが理由によるスタッフの待遇が原因となる退職は出来る限り避けたい。特に常勤スタッフには、なかなか変わりが見つからないことも考えておかなければならない。

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

HOME

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME