メニュー

リース会社の比較法とリース物件の買取交渉について(DSS:運営)

[2019.06.13]
【リース会社の比較法とリース物件の買い取り交渉について】
 
以前はリースが終了し再リースの2回目には一定の価格で機器を買い取る事ができた。リース会社によって多少買取価格の違いはあったがそんなに大きな差はなかった。
 
ところが最近は買い取る際、メーカーのオーバーホール等メンテナンスの条件を課すケースや以前よりも買取価格が高く設定されることが増え単純に買い取ることが難しくなっている。リース会社や担当者の裁量によるケースもある。先日、価格提示があって再リース料の3回分を請求されたが、以前の経緯や破棄する時の処分費等の話をして交渉したところ2回分で承認が取れたと連絡があった。リースをする場合には、買取る場合の条件や再リース料等を確認してからにしたい。リース料率のみではなく最初のリー終了後の比較も重要になる。そういう点を確かめてリース会社を選択したい。医療機関を中心に扱うリース会社の方は融通が利く確率が高いので見積等比較する時は確かめておきたい。

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME