メニュー

のりさん日記 2019年6月 立ち食い寿司もなかなかいい:立ち食い蕎麦屋も効率化?(DSS:ルート60)

[2019.06.23]
【のりさん日記:立ち食い蕎麦屋も効率化?】
 
駅に近い立ち食い蕎麦屋もどんどんチェーン店化している。特に富士そばは勢いがある。食べる方からしてみれば均一的な味よりもやっぱり個性のあるてんぷらや味、おじさんおばさんがいてくれ方がいい。
 
そういうお店でも残念なことも有る。消費税UPや周辺の競争?で内容に変化を感じる時がある。個人店ではなかなか打ちたてのそばを利用できない。だから蒸しそばになる。それは昔からだからいいとして問題は御つゆ。あったかいそばにはたっぷりのつゆが欲しい。それが数か月前から麺が隠れる位しかつゆを入れなくなった。あったかいつけそば?なんて思ってしまうほど。そこまですると行く気がなくなってしまう。言うに言えずお店の方針。残念だけど足が遠のいてしまった。
 
 
【立ち食い寿司もなかなかいい】
 
午後から時間が出来たので初めての街に出かけてみた。昭和の雰囲気のする街、田舎に帰ったような気がする。惣菜屋さんなど下町ならではお店も多い。そんな街には列の出来るお店が並んでいる。夕方になると続々開店するがお昼過ぎは数件しか開いてない。それでもうわさを聞きつけてまたは美味しいからもつ焼きやと立ち食い寿司やには長い行列が出来ていた。
 
家内がもつ焼きが食べれないので寿司屋にした。4~50分待ってやっと入れた。常連さんも並んで入る。3つずつネタを注文して手で食べる。箸はあら汁を食べる時にしか出てこない。特別ではないが昔の人はこうやって寿司を食べたのだろうと思いながら楽しむのはなかなかいい。それに明朗会計。二人で3,000円ちょっと。これならまた来て楽しみたいと思った。
 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME