メニュー

のりさん日記 2009年5月(DSS:ルート50)

[2009.05.26]

のり1

今日から5月でいよいよ連休だというのになんと豚インフルエンザである。他国の話かと思っているととんでもない。すでに日本でも感染者がいるのではと予測されるがゴールデンウイーク中に広がればあっという間である。医療に携わっているが経済優先なのか感染阻止優先なのか政治もよくわからない。いろんな意味で危機管理を見直すべきである。すでに病院ではインフエンザの症状がある患者さんは保健所へと張り出しているところもあり、あまりの早さにそんなもんだろうかとも考えさせられる。 宗和メディカルオフィス 原田宗記

nori2

今日からのりをnoriに変更します。次は何しようかとも考えています。ところで久し振りに車でTBSラジオを聴きました。永六輔さんの番組です。以前に比べて声の張りはなくなっていましたが独特の雰囲気は懐かしさや安心感を与えてくれます。今日の話の一部ですが、明日は憲法記念日で以前全文読んだことがあり同じ読み方でも岸田今日子さんが読むと憲法も柔らかく感じたそうです。なるほど思いましたが憲法なんてどの程度読んだことがあるのでしょうかほとんど読んでないに等しいと思いますが決して読まなくて良いものでもないとも考えます。この年になっても遅くはないと思うのですが今年どこかで全文読みに挑戦してみたいと思いますが・・・・・無理かな。

nori3

今日は、子供の頃は楽しかった「こどもの日」です。何歳になっても男の心には子供のまま育っていない部分が見え隠れする。子供部分はいつどこで顔を出すか全く持ってわからない。しかし、いつまでもそのような心を持っておじいちゃんになりたいと思う日でもある。その前にもうすぐ母の日です。母の日には必ず何かしましょう、いつもわがままばかりでごめんさいと・・・・。どっかで聞いた言葉かなあ?

nori4

楽しいこともあれば悔しいこともあるのがアラフィフティだと思います。どうしてアラフォーとしかとらえないのでしょうか。人生の最大のヤマ場は絶対にアラフィフティです。ここで自分の人生の最後の整理をする時間と考えます。人間はいつ死んでしまうかわかりません。ニュースをみると昨日まで元気だったのに事件に巻き込まれたり、豚インフルエンザ巻き込まれたり予測はできません。しかし、光は必ずありはずです。誠実に生きることがすべてではありませんがその努力は神様は必ず見ています。さて自分はどの位置にいるのでしょうか・・・・ 。

nori5

今日も車で通勤途中に永六輔さんのラジオを聞いた。今日のゲストは大橋巨泉さんである。永さんに巨泉さんは飯をたくさん食べろだのゆっくりしゃべろだの仕事を減らせや旅行を控えろなど様々こと言って励ますやら半分怒るやらで元気づけている。先週感じた永さん衰えは本当だったようで少し寂しくなってしまった。人は知らないうちに年をとり、あっという間に病気で亡くなることさえある。先日の忌野清志郎さんだってそうである。50歳から60歳は一番亡くなる人が多く感じる年でありそれぞれが体調を考えていても運命には勝てない。永さんここで頑張らなきゃと思っているときに仕事場についてしまった。また来週のこころだあ・・これ小沢昭一・・・わかるかなあ

nori 6

今日は真実とは何かと考えさせられる機会がありました。自分自身で考える真実と他の方が考える真実はビジネスにおいては微妙な違いがあることは誰もが承知のはずです。しかし、誰もが同じあることを前提に考えていることは間違いありません。なぜならその尺度はすべてロケーションが異なっていることを誰もが忘れてしまうからです。みんな許しましょうという思いは誰にでもあるはずです。確かに資本主義ですが考えなければならないことはおおいにあります。

nori7

nori6ではわけわからないことを書いたようで自分で読んでも何が言いたかったかよくわからない。こういう時もあるのでなんとなく楽しく感じる。お酒との関わりを考えるときがある。年々飲み方はうまくなっているような気がするがどうもじっくりゆっくり飲めなくなっている。おいしいお惣菜とビールこれも美味しいが行きつけの小料理屋で飲めるお酒は最高だろうと探して回るがチェーン店ばかりで味気ない。この頃はいかに安くてお得な一品を探していると先日ある居酒屋で魚肉ソーセージ100円とあったので頼んでみた。頼んで10秒もしないうちに出された料理は市販されている魚肉ソーセージ1本そのままをはいと手渡されたのみであった。

思わず目がテンそのあと笑うしかなかった。しかし、久しぶりにビニールをむきながら食べるソーセージはおいしかった。こんな店探しましょうよ。

nori8

久しぶりにガード下の3-4坪しかないお寿司やに顔をだした。ここはカウンターのみでお客さんがいっぱいでも7-8人しか入らない。以前の板前さんはいなくなりその時たまにお手伝いしていた板前さんが今はメインで握っている。以前に仲良くなって野球が好きだとわかると野球の話題しかはなさない。椅子に座る前からこの頃〇〇調子いいねえって感じである。その言い方にいやみに感じること多くなんとなく行きづらくなっていた。でもまた同じ・・・・。そうそうにビール1本とお寿司を食べしめて2,500円で退散。次に行くのはいつだろうかと考える、ちなみにお寿司の大きさは間違いなく小さくなりました。残念。

nori9

業務先についたところで財布を忘れたことに気づいた。アイスコーヒーを買おうとして忘れたことがわかった。カードなどすべてがない。電車でこれたのはパスモがあったからだ。パスモの残額も500円程度。どうしようかと考えた1000円を借りて1日を過ごした。お昼は職員食堂で食べることに。1日で使ったお金はコーヒー代金260円昼食代金400円帰りの電車で読む夕刊130円合計790円財布にお金が入っていれば帰りに焼き鳥にでもよりお昼も外で食べて合計3-4,000円になる。やれば出来る節約は大切なことだ。

nori10

たまにはお金が大切だとわかっていても使いたくなる時がある。しかし、もともと心の狭い私には大きな勝負ができない。宝くじのスクラッチを買って500円最初に当たると天にも昇るような気持で手を叩いて大喜びするが、その後削っていくとせいぜい200円合計で700円元手は2,000円でも200円だけよりは嬉しい。宝くじは買わなければ当たりませんが上手にスクラッチは10枚買っても大物連続はないと思います。一時はまりましたがもう買っていません。(儲かっていません)当たるわけありませんよね。

nori11

先日家内の誕生日でした。あるクリニックで職員全員にハピバスデイを歌っていただきもう恥ずかしいやら・・・。最後に一言といわれ「結婚して20年になりますが結婚して良かったと思っています」と言ってしまいました。我がままな私には十分すぎるほどです。でもこのように表現することがせめて今まで迷惑をかけすぎた罪滅ぼしだと思っています。でもおとなしくはなりません。末永くよろしくお願いします。クリニックの院長先生、職員の皆様本当にうれしかったです。口では言えませんでしたが表現させていただきました。ありがとう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・囹

nori12

親父と初めて外で飲んだ時のことを思い出しました。三田のお寿司屋で働いて初めての給与で二人で食べたいとお互いに好きなお寿司を食べに行ったのです。その日は忙しく席は一席しか空いてなかったので他のところにしようかというとお前座ってろ時間つぶしてくるからといって20分ぐらいしてきて一緒にお寿司を食べた思い出は忘れられないことです。親の子供を思う心は誰もが同じだと思います。しかし、他人でも通じないわけではないと考えます。どうでしょうか。

nori13

さて今日は何を書こうかと考えますが思い当たることがありません。そうだ高田馬場に素敵な小料理屋を見つけした。おかみさんとアルバイトと思われる女性の方の二人で仕事をしています。やはりおふくろの味と思われる煮物は大変おいしく帰りに思わずまた来ますからと言って帰ってしまいます。皆さん是非行ってみてください。たぶん「ひさご」というお店でした。年をとってもおふくろの味を追うものですね。お刺身今日はカツオ最高でした。おかみさんに聞きましたら福島産だそうです。懐かしい雰囲気のお店新宿界隈にはなかなかありません。

nori14

ブログの目標が訪問者1,000アクセス数8,000でした。訪問者の数は1,000を超え1,200に迫るようです。アクセス数も先月の7,400を超え目標の8,000にあと一息のところまできています。この目標が達成できるとメルマガの準備にかかりたいと考えています。メルマガもスタート時点の登録者数100を目指して準備中です。目標を持つことは良いことですが続けることが大切です。とにかく来年の3月までは頑張ろうと考えています。ブログの記事の目標は1年で200程度情報過多にならないようにしたいと考えています。

nori15

人を育てるには自分が大人になることですがやはりルールが必要です。経営者の考え方を日頃から理解させることは非常に大切だと考えます。

 

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME