メニュー

のりさん本紹介 2010年4月 №11-20(DSS:ルート50)

[2010.04.10]

20.【つばさよつばさ】 浅田 次郎

いやあなかなか面白く楽しく読ませてもらいました。浅田次郎さんの小説は

初めてだったのですが好きになりました。ダスキン玉堤?電車の中で笑って

笑ってしまいした。このような本はさらっと心を癒してくれます。 

19.【ユダヤ人大富豪の教え】 本田 健

どのような事が書いてあるのかと興味深く読んでみた。単純なことではなく

どのように考えていくことが重要であるか、また生きる方法としてどのような

事を考えていかなかればならないかという基本を教えてくれる。この年齢に

なっても悩む人生の方向性についてしっかり導いてくれる内容であった。

若い世代に是非読んでもらいたい本といえる。 

18. 【電通鬼十則】 植田 正也

医療業界にいる私には多くの事はわからなくても電通は凄いと聞いている。

サービスというもの仕事というものをどの様に考えるべきかその言葉の意味

に生きていくための本質感じる。感じるだけでは行けない、実行しなくてはと

も考えるが・・・・。自分で責任を取るということの重要さや自分で生きていこう

する大切さをいまさらながらに確認させられました。 

17. 【永遠のとなり】 白石 一文

永遠のとなり210-03.jpg

自分は大丈夫だと思っていても突然の宣告に人生を考え直さなければなら

ない事は様々な価値観や生き方を変えてしまうことが多い。今日も某クリニ

ックの職員から癌ということが判明し今後の仕事についての相談をされた。

この本を読んでいたので何と言ってよいか考えたがとにかく仕事頑張りまし

ょうよ、戦うことが重要ですよ何よりも気力が大切と話を結んだ。

先日もいとこが50代半ばにしてこの世を去ったが無念とならぬ生き方がしたいと思う。

16.【卒業】 重松 清

人生において40代から生活の変化や出来事はそれまでと異なる模様を出し

いろんな渦に巻き込まれながら予想できない方向へと変わっていくことが多

い。 また小さな事がらでも卒業(終了)することが増え新たな出発やあらぬ

方向へ展開していく。卒業という言葉の意味を考えさせられた本でした。

15. 【グラスホッパー】 伊坂 幸太郎

このような本は50才になってからは初めて読んだ。最初は何とも変な感じだと

思って読んでいたがいつのまにか引き込まれていく自分がいた。このような世

界が実在しているような錯覚とも言えないような感じが心を捉える。今ことがあ

るのではないかと思う自分がいる。社会が生きるために何でもあり的な事も認

める風潮の中何かを考え直さなければならないこともあるのではと考えさせられた。

14. 【左腕の誇り】 江夏 豊

野球を経験した私には憧れた存在である。若い頃にはあまり理解できなかっ

た生き方も読んでみると納得できる部分も多い。しかし、人の道を踏み外した

部分をあまり触れないのはしょうがないことなのだろうか。プロ野球選手として

一流を 目指してプロ野球界に入った先週は数多くいるが、あっという間に消え

ていった選手のことを考えると確かに凄い選手であるが、周りの人がなんとか

江夏を助けた いという 部分が多すぎるのではないだろうか。果たしてこの生き方に野球少年

たちは理解 を示すのだろう かと考えてしまう。しかし江夏豊は凄いことだけは間違いない。 

何があっても私には憧れの野球選手だ。

これからこそ江夏豊の生きざまを野球にかかわりながら見せて欲しいものである。 

13. 【がらくた】 江国 香織

たまには恋愛小説でも読んで気分転換を図ろうと考え書店に行って目に

ついたのがこの本であった。「がらくた」という題に自分を感じてしまった。

歴史小説を多く読んできた私にはこの手の本とは縁があまりなかったが

以外にドロドロした感じでなくさらっと読めたところにこの作者の意図が

あるのかなとも思う。もう少し本の感想が上手く書ければとも思う恋愛小説でした。

12. 【君たちに明日はない】 垣根 涼介

不景気や企業が再生や縮小される中でクローズアップされる職業であるが、

コンサルティングを行っていく中でもこれに似た経験をしていく。企業等大きな

社会に呑み込まれていくなかでの一人の人間はなんと無力であるものか再確

認されるがその中の人間模様が将来を見据えていく生き方を教えてくれてい

るあっというまに読んでしまった。 

11. 【自分の品格】 渡部 昇一

自分の考えを持ってしっかり生きていくことはなかなかできることではない。

その場面やその場の利益などについ考えが流されがちになる。大きな目

でみるにはそれなりの余裕も必要であることは間違いないが、なかなか

ゼロからのスタートでは難しい。しかし、一つの方向性を示してくれている。

そのまでの生き方や考え方が顔に出てくるのが人間であるが本物の顔になるのは難しい。 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME