メニュー

ここでも異常?やっぱり不景気?まぐろぶつの数 2010年9月(DSS:ルート50)

[2010.09.05]

ここまで異常?やっぱり不景気?まぐろぶつの数

 

いやあ今都心の居酒屋では270円均一とか290円均一とか一品単価の安いチェーンの居酒屋が氾濫してしている。おこずかいの少ない我々にとっては非常にありがたいことであるが、どこにいっても声がこだまし、落ち着いて飲める居酒屋は少ない。その点行きつけの居酒屋は、チェーーン店に比べて安くはないが落ち着いて飲める。ところが不景気の波は、確実に来ているようで私にとっては大きな事件が発生した。

 

1月に1-2回いくカウンター中心の居酒屋であるが、以前にもまぐろぶつの数ということで紹介したお店である。久しぶり(3週間ぶりくらい)に今日も一杯と生ビールを頼んでさて何のつまみにしようかなと本日のお勧め掲示板を見ると肉豆腐があってこ450円、このお店では高い料理ランキングベスト5に入る料理だ。よし今日は思い切って此処から行っちゃえと店員さんに「肉豆腐お願い」と頼む。そうするといつものように伝書鳩のように次の店員さんから肉豆腐鍋の前に居る焼き鳥担当の店長のところへ伝言され、店長が「肉豆腐一丁ね」といって肉豆腐が小さめの器(以前はもう少し大きかった)にもられ、これまた伝言ゲームのように「はい肉豆腐」と3人の手を渡って到着となる。いつもここで「今日はお肉多いかな」と確かめつつ、七味をかけこれをつまみに生ビールを飲み干し、ホッピーへと突入となる。そしてホッピーを3分の1ほど飲んだ時点で、この肉豆腐は終了となり、次のつまみをまたお勧め掲示板(これは決してボードとは言えない。なぜなら昔の黒板を何十年も利用しているので未だにチョークで書いている。)をみる。

ちょっとしつこかったので今度はあっさり行きたいなとみていくとありました!いつものまぐろぶつ赤付きの300円、よしこれだと決め店員さんに「まぐろぶつね」と頼む。そこからまぐろぶつが出てくるまでは、いつものように今日は、まぐろぶつ大きいかななんて考えながら、ホッピーを飲む。やっぱり日本人はまぐろだよななんて考えながら待つ心は、なんとなく恋の予感って感じかな?馬鹿言ってるんじゃありません!と心の中で勝手に楽しみながらこれだからまぐろぶつ辞められないんだよね!なんて考えるばかな親父だハハハーなんて!

 

その時ついにまぐろぶつが登場した。そして店員さんからまぐろぶつがのっているお皿を取ろうとした瞬間、手が止まり、目を疑って見直しました。なんとまぐろぶつの数が8個から6個に減っているではないか!これは目の錯覚ではないかと目を閉じてゆっくり目を開き再び見たがやっぱり6個だあー!心に中に走る衝撃、こんなことあっていいのだろうか!そんなに不景気なのか!だったら赤まるなんて付けるなよ!いつもまぐろ2個で一口と決めている私をいったいどうしてくれるのだ!なんて大騒ぎだ!

 

「お客さん置きますよ」という店員さんの声にはっと我に返り置かれたまぐろぶつをしみじみと見た。うーん以前よりちょっとぶつの大きさが大きいかななんて何とか心の整理をつけながら、よし今日はまぐろ1個でホッピー一口だと決断し、いつものように楽しむが心の中では、6個という数字が行き来し、頭から離れない。まあ今日はこれでおしまいだと思い、食べ終わると「お勘定」締めて1,700円、いつもより800円ほど少ないが早々にお店を出た。

 

その帰り近くのスーパーによってお新香でも買って帰ろうと思って鮮魚コーナーの前を通った瞬間、まぐろぶつを発見、これがなんと250円他の女性のお客さんも見ているので手に取ってまで見る勇気はない。上から見てまぐろのぶつを数を数えるとなんと10個以上はある。それも型がいい。よし、急遽路線変更、まぐろぶつ買いだ!なんて叫んで買って帰り、居酒屋の恨みを思いっきりはらしてやりました。あーやっぱり日本人はまぐろぶつだあ!!

 

 

 

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME