メニュー

「確定申告」に関する在庫・未収・未請求チェックについて(DSS:会計)

[2009.12.25]

在庫チェック・未収金チェック・未請求チェック

確定進行の時期が近づきいつものように在庫等のチェックをしなければならない。在庫、未収金、未請求についてはすべて資産として計上されるのでそのチェックは必ず実施しなければならない。在庫については期限切れなどのものや前年に計上してあるもので使用しなくなったものや今後利用しないものは廃棄し在庫から除く事が重要と言える。特に薬剤や医療材料については十分な確認が必要となる。

また、未収金に関しては患者さんに対して数度請求し、数年そのままになって計上されたまま残っているものは一定のルールのもとに回収できないものとして資産より除くことができるのでそのルールを税理士等などと相談して決めるとよい。未請求分に関しては12月に発生した診療に関する行為はすべて申告対象となるので12月に診療したが1月に請求したので申告には関係ないと思っていると税務調査で指摘され課税対象となる。この3点についてはきちんとしたルールを作って問題の起こらないように処理すべきといえる。

 

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

HOME

ブログカレンダー

2021年9月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME